FC2ブログ

インフルエンザや新型コロナウイルスの予防の基本は?

今年は暖冬だと言われていたのに、2月に入ってから急に一段と寒さが増してきましたね。新型コロナウイルスによる新型肺炎が中国から世界各地に広まってきて、そのことに気をとられすぎてインフルエンザのことを忘れがちになりますが、『新型コロナウイルス』と『インフルエンザウイルス』の予防法としては、どちらも同じとのことです。

どちらのウイルスも、感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」だからです。

飛沫感染」とは、咳、くしゃみや会話によって飛んだつばやしぶき(飛沫)に含まれる病原体を口や鼻から吸い込み感染すること。
 ⇒飛沫は直径0.005mm以上の大きさで、水分を含むため、届く範囲は感染源から1~2m程度と言われています。そのため、マスクの着用や感染源から距離をとることが有効な対策となります。
接触感染」とは、皮膚や粘膜の直接的な接触や、手、ドアノブ、手すり、便座、スイッチ、ボタン等の表面を介しての接触で病原体が付着→その手で口や鼻を触って粘膜から感染すること。



●基本的な予防方法は?

体内にウイルスが侵入するのを防ぐためには、『手洗い』が基本です!

外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに、流水と石けんなどで手を洗うことが大事です。外出中、洗い流せないときには、携帯用のアルコール消毒を持ち歩くと便利です。

正しい手の洗い方解説

図:暮らしに役立つ情報「インフルエンザの感染を防ぐポイント」/政府広報オンライン


【追記】
 
●意外にも手の洗い忘れが一番多い部位は、『指先』だと言われています。石けんをつけて30秒間こすり洗い、水で洗い流すのに15秒、丁寧にこまめに手洗いをしましょう!!
●大量にマスクを買い占め、高額で転売する者たちのせいで、世界中でマスクの品切れが深刻な状況です。WHOでも、マスクより、『手洗い』の重要性を強調しています。
 WHO「症状ない人にマスク必要なし」、新肺炎の予防「手洗い」重要/神戸新聞NEXT
●『インフルエンザウイルス』を予防するためには、まず、予防接種を受けることができますが、『新型コロナウイルス』を予防するためには、まだこれから予防接種が開発されるところで期待大です。
 NHKニュース「新型肺炎 ウイルス分離でワクチンや治療薬開発などに期待」


【推奨されるアルコール消毒の商品例】

キレイキレイ(ハンドジェル、除菌ウェットシート)/ライオン
「キレイキレイ」LION

手ピカジェル/健栄製薬
「手ピカジェル」健栄製薬



参考になるリンク集:
コロナウイルスとは?/国立感染症研究所
新型コロナウイルスに関するQ&A/厚生労働省
暮らしに役立つ情報「インフルエンザの感染を防ぐポイント」/政府広報オンライン
正しいマスクの着用方法/メディコムジャパン
●ブログ記事:インフルエンザ予防にも効果あり!「紅茶うがい」
●ブログ記事:新型コロナウイルスに関する重大な報道発表
関連記事
スポンサーサイト



641:

こんにちは。巷ではマスクが消えてしまいましたが、今はとにかく手洗いだと思います。マスクがなくて焦っている人はマスクをすれば自分が感染するのを予防できると勘違いしているんだと思います。とは言いつつもアルコール消毒の商品もなくなってきましたね。みんなかなり敏感になっていますね。

2020.02.14 09:56 tackmemo #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する