FC2ブログ

こんな水回りの業者に注意!

【はじめに】

私は、今まで用心深い性格なので、悪い人に騙されたことがありませんでした。しかし、外見上、本当に良心的で親切そうな水回りの修理業者さんに見える人から騙されました。本当に悔しかった。
そこで先日、『大阪市消費者センター』に相談したところ、近年、水回りの悪徳商売かつ高額な請求をする業者が増えてきているとのことです。また、『クーリングオフ』制度を利用すると、契約成立してから8日以内でなくても、契約した書面の不備が見つかった場合や自分の意思に反して強引に高額請求された場合などがあった場合には、一部返金されることもあるようです。なので、諦めずに早めに相談してみることが大事です。
みなさんにも、こんな業者に引っかからないように注意してもらいたいので、私の体験談を読んでいただけたら幸いです。

【水回りの修理業者を呼ぶことになった経緯】

去年の11月後半にバタバタしていた昼間の話です。

私のお父さんは、急激に体力がなくなり、とうとう末期がんで寝たきりになってしまいました。そして、病院から訪問看護の看護師さんに週3で来てもらうことになりました。この日も昼すぐに看護師さんたちが来る日だったので、その時間まで私とお母さんは、お父さんの昼食の介助をしてから自分たちの昼食も済ませるので急いでいました。こういうバタバタしていた時期に限って、トイレに入ってなぜか便器の中に、生理用ナプキンを運悪く落としてしまい、気づかずに流してしまったのです。そのせいで、トイレが詰まって、水が流れなくなりました。何回か水を流すと、ゴボゴボと大きな鈍い音が出て、ほんの少し水が上に上がってくるほどになりました。
でも、この時点では、まだ水漏れはしていませんでした。
ちなみに、『トイレの詰まり』で困ったというのは生まれて初めての経験でした。
トイレが使えないままだと困るため、本当に慌ててすぐ、スマホでグーグル検索して、水回りの修理業者に依頼することを決めました。

【業者を選んだ経緯】

何件かのホームページを見ていろいろ悩んだあげく、『株式会社 関西住宅設備』という業者に電話することに決めました。この会社のホームページを見ると、基本作業代金が他の業者なら8000円のところが1300円というので非常に安いし、作業代金の合計から25%割引だとも書かれていてお得だと思いました。さらに、見積もりが無料で、見積もりの金額が気に入らなければ、お客様が断ることもできると書かれていました。

しかし、水漏れやトイレの詰まりなど、どの作業費用についても、『1300円~』という表示だったので、この書き方では全部の費用がどれくらいになるのか予算を立てることができないのが“唯一の不安材料”でした。そこで、電話の際に、こちらから、トイレの詰まりの状況説明をしたあとに、「とりあえずトイレを見てもらいたので家に来て欲しいんですけど。費用は全部で大体どのくらいになりますか?」と聞きました。
そうすると、業者さんは、「それは大変ですねぇ。なんか聞いている感じでは、すごくひどい状況みたいなので、できるだけ早く行きます。」と言って慌てた様子ですぐに電話を切られました。
つまり、電話口では、費用のことを教えてもらえなかったということです。

まぁ、ホームページには、『見積もりは無料』と書かれていたので、まず、こちらとしては、その業者さんに見てもらってから作業してもらうか判断しようと安心していたのですが・・・。
それが甘かった・・・。


【業者の人が家に来てからの状況】

電話したあと一時間ぐらいで、作業員一人だけが家に来られました。というのは、見積もりだけをしてくれるスーツ姿の方がいなかったのです。でも、この来られた作業員はものすごく親身になってくれて、同調もしてくれて、トイレが詰まった状況を細かく聞いてくれて、丁寧に説明してくれました。見た目は、好印象な所な方でした。

でも、こちらが先ほどから費用が気になっていた肝心の『見積もり』なんですけど、最初に見積もりせずに、後でしますとのことでした。

何か、普通の業者とはやり方が違いますよね。
この会社のホームページには、「見積もりの金額が気に入らなければ、お客様が断ることもできる」と書かれていましたけれど・・・。
先に作業して、後で見積もるということは、もし高額になってこちらが払えない場合でも、逆に断れないってことですよね?

こちらは費用のことが不安だったのですぐさま、この作業員に理由を聞くと、作業員は、「(中略)でも、安心してください!他の業者のように何百万円もするみたいな法外な金額は取りませんから。まぁ、常識の範囲で、うちはやってるんで。それにこちらの方は、初めての詰まりだという上に、ホント、急な話なので、なるべく、割引キャンペーンとか何やらで特別に今回だけ、高額にならないように料金を抑えますから、そこは本当に安心してください。その代わり、社長さんにはこのことを絶対に言わないでくださいね。」と熱心に言われ、何がなんだか、訳がわからないまま、こちらは、この作業員さんのことを信用してしまいました。

とはいっても、疑い深い私は、万が一払えない額になると困るので、作業員に、「お父さんが寝たきりで、介護サービスや医療費がかかっていて毎月の支払いが大変なんですよ。なので、本当にお金がない時期なので・・・。でも、まぁトイレを詰まらせたことは、こっちが悪いのだけれども。でも急にこんなことになったので、お金がそんなにないのです。本当に何十万とかだと払えませんから、お願いしますよ。」と言ったら、
作業員は、「わかりました。多分、お金のことは後でいいんで、大丈夫ですよ。まぁ、お金の話ばかりしていてもねぇ。あれですから・・・。」と言葉を濁すような言い方でした。

【作業中の状況】

作業員は、最初に、家庭でどこにでもあるようなシュポシュポするだけの簡単なポンプで吸い取れるか試しました。当然、詰まった物は取れませんでした。

次に、便器に、トイレ洗浄用の薬剤を一錠入れて、ローポンプで便器の中の詰った物が出るか試しました。これでも詰まった物は取れませんでした。

結局、ここで一時間以上も経ち作業員は、「いろいろ試してみたけれどこのままでは、時間かかるばかりで無理かもしれません。費用のこともあるので、非常に申し上げにくいですけど。うちの会社には、最終兵器として、高圧洗浄機という手で持てるぐらいの小型の機械があります。通常、高層ビルの配管の掃除などに使う大型車両のポンプを呼ぶと、100万円かかります。なので、あまりに高額すぎて、こちらも呼びたくないです。ですが、この小型の高圧洗浄機だと、たったの20万円ほどで済みます。それと比べたらずいぶん安いでしょう?」と言われて、こちらは驚いて、「その機械を使うだけで、一回20万円ですか?高すぎます!払えません!トイレの詰まりを直すだけでそんなに高くつくのですか?」と言いましたが、作業員は、「この機械を実際に家庭で買うとなったら、いくらすると思ってるんですか?本当に高い物なんですよ!」と声を大にして、一歩も引き下がりませんでした。

作業員は、さらに続けて、「高圧洗浄機を使うことになって本当に大変申し訳ないです。しかし、詰まり物が頑固で取れないので仕方ないです。今回はどうしても使わせてください。大型車両のポンプだと一回呼んだら100万円かかるので、これよりはずいぶん安くなったはずですが、まだ高いですか?(強調して)たったの20万円ですよ?まぁ、これからトイレを詰まらせないことです。これで勉強になったでしょうから、高い授業料だと思って。その代わり、こちらは、きちんと責任を持って最後まで詰まりの修理をしますので、どうか、他の業者を呼ばずに、このまま最後までさせてください。絶対に損はさせません!」と強く語られました。

こちらが、何度も、断ろうとしても、作業員は帰りませんでした。それどころか、CMでお馴染みの『クラシアン』の悪口を言いはじめました。「作業員の中で態度が悪いひとがいたという話を聞いたし、もっと高い値段を要求されるみたいですよ。あそこは評判が悪いからやめた方がいいです。」と。他社の悪口を言うなんて最低ですね。
最初に高額になる場合の金額を教えてもらっていたら、この業者を選ばなかったのに。それに、『100万円かかるよりは20万円の方が安い』と思い込ませる詐欺師の上等手段ですね。

そして仕方なく作業続行を了承することになり、作業員は、便器を外し排水管を開け高圧洗浄機を部屋に持ってきてやることになりました。

これからさらに作業は一時間ぐらい経ちました

でも残念なことに、計二時間以上もかかった割には、作業が終わって、取り出した詰まった物を見てみると、詰まった物というのは、紙切れの細かいものがバラバラと出てきただけで、排水管の入り口に詰まっていただけでした。
わざと時間稼ぎして、高額になる機械を使ってまでしないと、詰まった物が取れなかったのか本当に疑問に残ります。
この作業員は、シラッとした表情で、「あれ?詰まった物ってこれだけみたいですね。大きなゴミは大半、流れきったようですね。よかったですね。これで詰まりは取れましたよ。」といいました。

このあと、便器を元通りにする作業中に悲劇が起こりました。それはなんと、予期もせぬ『水漏れ』 でした。便器の付近にある細い給水管の床下に水滴がつき始め、やがて、床の左側半分まで水が流れてきました。

この『水漏れ』の様子を作業員は私たちにも確認させ、「たまにこういうことも起こります。ただ、水漏れを放置すると、ここはマンションだから、真下の階からずーっと下の階にまで漏水が起きて迷惑かかりますよ。早く水漏れを食い止めないと、あちこちから水が噴き出してくるかもしれません。そりゃ、即決断しないと。待ったなしの状態ですよ。
見たところによると、この便器、ずいぶん古いのでしょう?今も確認しましたが、見た目は傷がないようです。便器にもし細かい傷があっても通常、目視では気づきません。ですから、最初からあちこちにひび割れとかの細かい傷はあったのかもしれませんね。この作業で、細かい傷が大きくなってしまった可能性はありますが、でも20年以上も使っておられるなら、この際、新しいのに交換しませんか?最近の便器は、みな、節水になっていますから。昔のは、排水量が16リットルだったのが、最近のものはその半分以下の量で済みます。なので、年間の水道代も今よりぐーんと節約できて、ずいぶん見栄えも違いますよ~。なんせ、新の便器は気持ちいいですから。」と、新しい便器と交換することを強く勧めながら、あくまで、『水漏れ』の原因は、便器の破損』だと主張されました。

私たちは、便器の詰まりが取れて、ただ単に貯まっていた水が流れてきたりしたのではないかと尋ねましたが、作業員は、「自分はプロだから見ればわかります。便器もこの際ですし、新しく交換しましょうね。」と、こちらは納得していないのに、また、押し切られました。

こちらは必死で断ったにも関わらず、この作業員は、自分の元同僚で、今は独立して個人で経営されている友人がいるからと言って、その友人に勝手にすぐに電話して今の水漏れの現状から説明し、早急に便器交換をしたいので、こちらにすぐ来てもらえないかを聞いていました。しかし、急ぎの案件にも関わらず、すぐに来れないという話でした。
結局、二日後に、その業者の元同僚を名乗る者(→自分の名前すら言わない、会社の所在も言わない、時間は大幅に遅れて来たのに何も言わず、態度の悪い大柄な男性。さらに最悪なのは、こんな安い値段では領収書も保証書も出せない、見積書もないと言う。がうちに来て、キャンセル料20万円を現金一括払いで即払って工事を断るか、現金+カード払いでも良いから工事をするかという強引な二択をせがまれ、いわゆる“強引な押し売り”をされました。
ウォシュレットなしの、10年ぐらい前の古い型のシンプルな便器に交換されて、23万円の請求でした。全然 安くないのですが・・・。

【修理後に・・・】

最後に、今回の全作業で使った内容を『見積書』に書き並べていくと、一部の作業代金をサービスにした割には、合計額が26万数千円ほどかかる予定でした。
私たちの家族にとっては、トイレの詰まりの修理だけで本当に驚きの高額な値段でした。
でも約束通り、この値段から、割引キャンペーンなどを利用して、20万円ちょうどに下げてくれました。私たちは、まだこれでも高すぎると抵抗しましたが無理でした。
作業員は、何度も申し訳なさそうに、「高圧洗浄機を使ったからねぇ。どうしても仕方ないですわ~。それがなかったら、普通は数万円とかもっと安いんですけど~。」と言いました。

しかし、実はこの『見積書』には、落とし穴がありました。

先ほどお話ししたあの例の高圧洗浄機の値段なのですが、作業員は、作業する際に、「20万円ほどです。」と言いましたが、最後になり、「実際は、25万円でした。」と言われる始末。この値段から20万円まで値引きしたと主張。こちらにしたら、最初の話だと、20万円から値引きがあるのだと安心していたのに、また、作業員の口振りに騙されました。

このことは、数字的に後でわざと安くなったと思い込ませるための手段に思えて、実質、値引きされた感がないです(怒り)!どちらにせよ、私たち家族は、この作業員の口調と熱心さが伝わる態度にうまく騙されて、悔しさでいっぱいです。


【今回の件でわかったこと】

1.最初に、『見積もり』を業者にしてもらうこと。最初に見積もりしないなら、値段が高くなってもこれぐらいの額になるという提示を電話口で言ってもらえないと不安です。
2.業者さんの見かけや口調で、信用しすぎるのは厳禁です。少しでも疑問を感じたら、その場で業者さんに質問して解決した方が安心です。もし、脅されたら警察に連絡しましょう!
3.何か、どうしても困ったトラブルに巻き込まれたら、『消費者センター』に相談しましょう!



【参考になるサイト】

全国消費者センター(独立行政法人 国民生活センター)

悪徳業者にご注意ください|神戸市管工事業協同組合

大手水道修理10選を特徴比較-悪徳業者の見極めと撃退方法とは
関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する