FC2ブログ

記録的な台風19号まとめ~地震と巨大台風が同時にきた~(10/12)

台風19号は、11日~12日昼頃、四国や近畿の上をゆっくりと北上し、12日午後から進路を少し東寄りに変えて関東方面に向かって進み、「大型で非常に強い」状態で勢力をあまり衰えずに静岡県伊豆半島に上陸したのち、さらに関東から東北にかけて北上しました。台風の中心部の円の大きさが広すぎるため、暴風域圏内だけではなく、たとえ強風域でも広範囲に被害をもたらす大きな雨台風でした。

特に関東では、12日に地震と台風が同時に来るなんて予想もされませんでした。


千葉震度4@20191012



次に、今回の台風19号について何が記録的な巨大台風だったのか、まとめてみました。

1.各地で記録的な大雨

●神奈川県箱根町で全国の観測史上1位の日降水量

 神奈川県箱根町では、12日の日降水量が、10月の平年の降水量の約3倍にあたる、922.5ミリに達し、これまでの全国の観測史上1位であった高知県魚梁瀬の851.5ミリを大幅に上回りました。

●東京23区など初の大雨特別警報

台風19号@大雨特別警報発令

●複数の河川で氾濫発生

台風19号 河川氾濫が多発

 関東地方や東北地方では長い時間にわたって激しい雨が降り続いたため、多くの河川で水位が上がって氾濫危険水位に達し、多摩川や千曲川、阿武隈川など大きな河川を含め氾濫が発生しました。東京では初めてです。


2.東京都心でも猛烈な風

 東京都心では12日午後9時14分に最大瞬間風速41.5メートルを観測し、歴代2位の値を更新しました。


※さらに、台風が通り過ぎた13日以降、天気が回復しても警戒必要です!
 台風19号の被災地では、少量の雨でも、土砂災害に要注意です。

【土砂災害危険度】

 総雨量は多い所でも50mmに満たないものの、局地的には1時間に10mm以上のやや強い雨が降る見込みです。普段なら被害が出ないような雨でも、地盤の緩んだ斜面が新たに崩れることが考えられます。
台風19号による雨が多かった地域は急な斜面など崩れやすい所に近づかないよう、ご注意ください。



参考:日本気象協会-tenki.jp、ウェザーニュースより



【最新被害状況】

●台風19号の影響で、14日までに全国で少なくともおよそ8000棟の住宅が水につかり、800棟以上の住宅が全半壊や一部損壊の被害を受けました。

2019年10月14日 NHKニュースより

●住宅の浸水被害 4万5000棟以上に。

2019年10月18日 NHKニュースより

●今回の災害で亡くなった人は79人、不明11人、けが396人となり、堤防の決壊は71河川の130カ所にのぼっています。

2019年10月19日 NHKニュースより

関連記事
スポンサーサイト



637:

こんにちは。
最近の自然災害は威力がありますね。
被害が大きくなる傾向があるので、
被災された方は本当に大変な思いをされていると思います。
できるだけの備えをしたいものですね。

ポチっと応援させたいいただきました。
また訪問させていただきます。

2019.10.25 05:37 松千代 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する