インフルエンザが猛威!

ニュースを見ると、今週は全国的に、『インフルエンザ』が警報レベルを超えたそうですね。

まぁ、今年分のインフルエンザワクチンの製造が遅れて足りなかったのが原因みたいですが・・・。

とは言っても、そんなに早くから大流行なんて・・・(ノω`゚)゚・。(大泣き)

しかも、インフルエンザA型もB型も同時にきたとか、ワケわかりません。

今までだと、大抵2月中旬ごろから『新型インフルエンザ(A型)』が先に流行って、その後で『インフルエンザB型』は3月~という感じでした。

また、インフルエンザは型によって特徴が異なります。
インフルエンザA型』は主な症状として、38℃以上の高熱が出て咳、鼻水、全身倦怠感が出るので重症化しやすいのに対して、『インフルエンザB型』は、風邪と症状が似ているらしく、あまり熱も出なくて、咳とかの軽い症状ですので、インフルエンザにかかったことに気づかないのだとか。

大学等の受験生にとっては大変な時期ですから、インフルエンザにかかってしまうと、大事な試験日に受験できなくなるとか一番痛いですので、どうしてもかかりたくないですよね。

私は薬剤師国家試験が2月24日と25日の二日間始まります。なので、マスクは必需品です。

予防』と言っても、手洗い、うがい、マスクが定番だったのに、この『うがい』がインフルエンザ予防のために効果があまりなかったとわかり、推奨されないということが、国(厚労省)から発表されて驚きです!!

【ニュースの抜粋】↓↓↓

厚生労働省のHPには「インフルエンザを予防する有効な方法」として次のことを推奨しています。

(1)流行前のワクチン接種

(2)咳エチケット
咳やくしゃみを他の人に向けて発しない/咳やくしゃみが出るときはマスクをする/とっさのときにマスクがないときはティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆う/鼻汁・痰などを含んだディッシュはすぐゴミ箱に捨てる/手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときはすぐに手を洗う

(3)外出後の手洗い
流水・石鹸による手洗いはウイルス除去に有効/アルコール製剤による手指衛生も効果的

(4)適度な湿度の維持
乾燥しやすい室内では加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つ

(5)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
体の抵抗力を高める

(6)人混みや繁華街への外出を控える
特に高齢者・基礎疾患のある人・妊婦・体調の悪い人・睡眠不足の人は人混みや繁華街への外出を控える/やむをえず外出するときは不織布製マスクを着用する

軽くても何か症状が出たら、即、内科か耳鼻科に受診されることをお勧めします!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/01/27 10:36 ] 日記 天気・ニュース記事 | TB(0) | CM(2)

うちの子も去年の受験の前々日に妹がインフルに・・・
すごく焦ったことを思い出しました^^
今年は猛威を振るってますが、ならないように気を付けます!
[ 2018/02/03 21:27 ] [ 編集 ]

No title

今年はAとBが同時に流行ってるのでこわいですよね。
私の職場でも流行してきてるので、マスク必須です。
少し前は、課内全員がマスクをつけていました。
社内でもなかなかそんな課は無いので、改めてみんなちゃんとしてるなぁと思いました。
この時期は入試や資格試験が多いので、受験生は油断できないですね。インフルエンザにかからないことだけでも大切なことですね!
[ 2018/02/03 23:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tmiyu2.blog.fc2.com/tb.php/274-6e0a4a84