FC2ブログ

2019年01月 の記事一覧

風疹患者が急増!予防接種を!

国立感染症研究所(感染研)は11日、昨年報告された風疹患者数が計2917人になったと発表した。現行の集計方式が始まった平成20年以降、過去2番目の多さになった。流行は数年にわたって続く傾向があり、今年も感染拡大が続く恐れもある。

感染研によると、昨年12月24~30日の1週間に新たに報告された患者は84人。都道府県別の累計は、東京が945人で最も多く、次いで、神奈川(402人)▽千葉(383人)▽埼玉(191人)▽福岡(167人)▽大阪(120人)-が続いた。


参考:●産経新聞 2019/1/11



平成30年12月10日に、『風しん非常事態』を宣言しました。

今回の風しん患者の多くは、30代から50代男性が占めています。過去の予防接種制度の変遷から、30代から50代の男性は、風しんの抗体(免疫)が低い方が2割程度存在していることが分かっています。

なぜ、20代から40代の間で流行したのでしょうか。

日本では、昭和52年から女子中学生のみを対象として風しんの定期予防接種(学校での集団接種)が始まりました。平成6年からは対象が男女に広がりましたが、「学校での集団接種」から「医療機関での個別接種」に変更となったことから、接種をしていない人が増えました。

風しんを予防するには、予防接種をする必要があります。

特に、30代から50代の方は、風しんの抗体を持つ割合が少なく、予防する必要があります。
神奈川県内33市町村では、大人の風しん予防接種費用助成制度を行っています。【平成30年度】
MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)は、通常1万円程度かかりますが、その費用の一部を助成するものです。

風しん』は『飛沫感染』により人から人へ伝播していきます。また、感染力が非常に強く、インフルエンザの2から4倍といわれています。知らない間に感染し、他人にうつしてしまう可能性が高い病気です。

感染すると約2~3週間後に発熱や発しん、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。発しんの出る2~3日前から発しんが出た後の5日程度まで感染性があります。風しんで最も怖い点は、妊娠初期の女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」という病気にかかる可能性があることです。

先天性風しん症候群とは、抗体のない女性が妊娠初期に風しんに罹患することで、風しんウイルスがお腹の中の赤ちゃんに感染して、出生児に先天性心疾患や難聴、白内障などを引き起こす病気のことをいいます。

抗体を持たない又は低い抗体価の妊婦さんは、可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。
また、妊婦さんの周りにいる方(妊婦さんのパートナー、子ども、その他の同居家族等)は、風しんを発症しないように予防に努めてください。


参考:●風しんの流行にご注意ください - 神奈川県ホームページ
   ●神奈川県風しん撲滅作戦 特設ページ

スポンサーサイト

インフルエンザ予防にも効果あり!「紅茶うがい」

前回のブログ記事『インフルエンザ流行 「注意報超え!?」』の関連記事となりますが、テレビの健康番組でも紹介されていたし、私自身も、10年以上『紅茶うがい』を行っていて、風邪やインフルエンザにかからなくなったので、『紅茶うがい』について本当に効果があるのか調べてみました!

※ちなみに私は、過去に1度もインフルエンザ予防接種を受けたことがありません。また、『塩水でうがい』をしていた時代には、2度、インフルエンザにかかりました。風邪もよく熱を出すほどでした。



〈インフルエンザの感染経路について〉

インフルエンザウイルスの感染経路は、「飛沫感染」と「接触感染」によるものです。
飛沫感染」とは、咳やくしゃみをしたときに、口や鼻から飛び出す飛沫(直径5μm以上で最大飛行距離は2メートルです。飛沫に病原体が載って移動し、それが近くにいる人の鼻腔や口に入り込むことによって感染します。また、ドアノブにインフルエンザに罹患した人が触れると、ウイルスを含んだ鼻汁などが付着します。そこに別の人が触れることによって、ウイルスが手指に移動します。その手指で目や鼻の粘膜に触れれば、そこからウイルスは体内に入ってゆくのです。これが、「接触感染」です。

※ここで、『飛沫感染』と間違いやすいのが、「空気感染(飛沫核感染)」という分類です。これは、咳やくしゃみにより飛散した飛沫が水分の蒸発により軽い微粒子(飛沫核,直径5μm以下)となって人の鼻腔や口に入り込み、5m以上離れた場所にいても感染してしまいます。
 例)結核、麻疹、水痘



〈インフルエンザ予防対策について〉

インフルエンザには主にA型とB 型があり、A型インフルエンザウイルスには、H1~16N1~9の亜型(144種類)が存在するため、ワクチンの型が微妙にズレることがあり、予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまう場合がある。そのため、自分で防御するための『基本的な予防対策』として、外出時には『マスク』、外出から帰宅した際には、『手洗い、うがい』が必要となります。これらは、単なる気休めではないのです。

うがい』といっても、殺菌効果のある『うがい薬』の使用は、喉がイガイガしたり痛くなったり、炎症が起きたときの治療目的を期待したものであって、予防効果には期待できません。健康な人が予防目的で使うと、口腔内の環境が乱れ、常在菌のバランスを乱す(唾液に含まれる消化酵素が壊れるなど)ことになり、逆に悪影響を及ぼすことになります。

そこで、予防効果があるとされる、お茶の中でも特に、紅茶うがい』がおすすめです!!

お茶には、『カテキン』というポリフェノールの一種の成分がたくさん含まれていて、この成分には、抗酸化作用殺菌作用などがあります。
特に、『紅茶』には、緑茶成分に含まれる『カテキン』を発酵した際にできる『テアニン』という成分も含まれています。このため、カテキンとテアニンが重合してポリフェノールという大きな重合体を作っていますので、抗酸化作用がより強いのです。

ここで、『茶葉の種類でインフルエンザの予防効果に違いがあるのか?』という興味深い研究データを紹介します。


感染阻止率


茶によるタンパク質分解阻害効果


これらのグラフより、お茶の中では、緑茶より何より、紅茶が一番高い効果を示していることがわかります。また、うすい濃度の紅茶を使っても効果があるようですので、一回使った出がらしのティーバッグの使用も可です。

紅茶うがい』は、家で手軽にできます。うちの家では、紅茶のティーバッグをやかんに水とを入れ煮出し、冷ましてから、1リットルぐらい入る瓶に入れて作り置きして、冷蔵庫に保管します。数日間は保存できます。
※常温で何日も置いておくと、雑菌が増えやすくなりますので、ダメです。

うがいの手順は、まず、口の中をブクブクうがいして、口の中の汚れや雑菌を洗い流してから、15秒間、上を向いて喉の奥の粘膜に付着したウイルスや雑菌を洗い流すように、ガラガラうがいすると良いそうです。

紅茶は、緑茶のような渋味や苦味がないので、うがいしやすいですよ。紅茶の種類は好みによりますが、セイロンティーやダージリンティーがクセのない普通の香りで使いやすいと思います。
もちろん、紅茶や緑茶は、普段から飲んでいるのも効果はあるそうですよ。



参考:
●青本「衛生」 薬学ゼミナール編集
●Vol.41 インフルエンザの感染経路|矢野先生のコラム|健栄製薬株式会社
https://www.tepika.net/column/vol41.html
●緑茶を飲むとインフルエンザの予防効果! “新型”にも効くというその理由を聞いた - FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00398722HDK
●vol.10 紅茶でインフルエンザ対策!? 紅茶で予防効果を上げる!?|紅茶と暮らし研究所
http://www.gogoken.jp/report/vol10.html
●公益社団法人 鳥取県医師会
http://www.tottori.med.or.jp/nandemo/1790
●お医者さんも絶賛! 緑茶、紅茶うがいで風邪予防ができる - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/10620126/

インフルエンザ流行 「注意報超え!?」

また今年も、インフルエンザが流行る季節になりましたね。
ニュースに『全国的に注意報超え』と書かれていたので、『手洗い、うがい、マスク』を徹底したいと思います。

冬場の乾燥した部屋にいると、ウイルスにかかりやすくなるため、うちの部屋にもまた加湿器代わりに、無印で数年前に買った『アロマポット』を出してきました。

照明が全体に照らすのと、水玉模様のような丸い部分だけが光るの二種類を切り替えられるので、癒しにもなり、好きです。
テーブルに置くだけで、ちょっとしたインテリアにもなってオシャレですよね(笑)

アロマエッセンシャルオイルは、『ユーカリ』と『ゆず』の香りのオイル1滴づつ入れています♪
そうすると、鼻の通りがスーッとして、ゆずのほんのり甘い柑橘系の香りがこの季節にピッタリな気がします。
ミントやメントールほどのキツい爽快感な香りはないので、良かったですよ♪


アロマポット



厚生労働省は9日、今冬のインフルエンザの全国的な流行が、今後4週間以内に大流行となる可能性を示す注意報レベルを超えたと発表した。全国約5000の定点医療機関での1週間の患者が、1医療機関当たり10人を超えるのが目安。最新の1週間の集計(昨年12月24~30日)で11.17人になった。この1週間の推計患者数は約45万人。

都道府県別では、1医療機関当たり患者が10人を上回ったのは13都道府県で、多い順に、北海道32.07人▽愛知30.45人▽岐阜20.33人▽熊本14.53人▽三重13.68人▽福岡13.59人▽長野12.78人▽東京11.53人▽高知11.23人▽神奈川11.21人▽大阪11.01人▽長崎10.47人▽埼玉10.02人。このうち北海道と愛知は、大流行中の目安となる警報レベル(30人)を超えている。

参考:毎日新聞より

おみくじ「半凶」について調べました!

先日、ブログで書きました「正月恒例の『おみくじ』」の続編なのですが、おみくじ『半凶』が何なのか、どうも気になってGoogle検索しました!

子供のころからほぼ毎年、京都や大阪にある有名な神社に初詣に出かけた際に『おみくじ』を引いていましたが、いまだに『半凶』を見かけたことがありませんでした。

今年は運悪く、自宅近くの神社のおみくじで『半凶』が出てしまったのです。

なぜか、この『半凶』というおみくじは、ものすごく出る確率が低く、“レア物”らしいのです。

とはいっても、大凶よりはマシな程度の悪いおみくじだったようで、全然喜べないですね( ノД`)シクシク…

おみくじの正しい順番は、
大吉>中吉>小吉>>半吉>末吉>末小吉>末凶>>小凶>半凶大凶
だそうです。


半凶とは、中規模な凶がきます。
凶の半分じゃないの?と思いますが、中凶と意味は同じです。凶に関してはなぜか中凶がなく、半凶を中凶扱いとするおみくじが多数存在します。 くわしい理由はわかっていませんが、半分は縁起が悪いとする昔からの名残が関係しているようです。

※一部、中凶を置いている神社もあります。

参考:「神社の風物詩 おみくじの順番と確率」より

正月恒例の『おみくじ』

皆さんは、この正月の三日間はどのようにお過ごしでしょうか?

うちの家族は、元旦には、どこにも行かず家でのんびりとテレビを見たりして過ごしていました。

昨日、初詣に、近所の神社に参拝してきました。
きちんと、神様に家族のこと、自分のことなどを拝んだあとは、毎年恒例の『おみくじ』を引きました。自分にとって、どこの神社に初詣で行っても、必ず、『おみくじ』を引くのが、正月の楽しみとなっております。(笑)

その『おみくじ』なのですが、あまり聞き慣れない、「半凶」という悪いくじを引いてしまいました。(^_^;)
いつもは、「吉」か「末吉」ぐらいで、ラッキーなときは、「大吉」を引くのですが・・・。

「凶」はあっても、「半凶」って?
という思いはありますが・・・。

そのおみくじに書かれた内容を読んで、まぁ、自分にとって何か悪いことが起こるかもしれないことを先に知っておけば、それを回避できるように自分で気を付けることができるから良いのだと、前向きな気持ちになれました。


話は変わりますが、『LINEおみくじ』というのがあって、今日までの三日間だけ、LINEにあるLINEスタンプショップで、『LINEおみくじ』を開催されていました。

こちらでは、おみくじ付きのスタンプ購入で、自分用のおみくじ1個と友達に送れるおみくじ10個ついてきます。

それで、自分用と友達からもらった『おみくじ』がこちらです。
まぁまぁ良い『おみくじ』をもらえて、楽しかったですよ♪
↓↓↓

ラインおみくじ「吉」

ラインおみくじ「憧れ吉」



新年のご挨拶~年賀状~

亥年

キティ年賀


最近はLINEで郵便局【ぽすくま】と友達登録すると、簡単に『年賀状』も作れるので便利になりましたね♪

私は、上の画像なんですけど、キティ画像を送って年賀状を作ってもらいました。

写真を一枚贈ると、無料で、その写真に合うようなたくさん種類のあるテンプレートの中からランダムに選ばれて即座に作ってくれます。気に入った年賀状ができるまで何回も作り直しできます。

気に入った年賀状ができたら、そのまま画像保存して、LINEで友達に送るのもよし、はがきの年賀状として購入することもできますし、ハガキ代と切手代のみで、印刷もポストに投函も無料だそうですよ!