FC2ブログ

カテゴリ:天気,ニュース の記事一覧

記録的な台風19号まとめ~地震と巨大台風が同時にきた~(10/12)

台風19号は、11日~12日昼頃、四国や近畿の上をゆっくりと北上し、12日午後から進路を少し東寄りに変えて関東方面に向かって進み、「大型で非常に強い」状態で勢力をあまり衰えずに静岡県伊豆半島に上陸したのち、さらに関東から東北にかけて北上しました。台風の中心部の円の大きさが広すぎるため、暴風域圏内だけではなく、たとえ強風域でも広範囲に被害をもたらす大きな雨台風でした。

特に関東では、12日に地震と台風が同時に来るなんて予想もされませんでした。


千葉震度4@20191012



次に、今回の台風19号について何が記録的な巨大台風だったのか、まとめてみました。

1.各地で記録的な大雨

●神奈川県箱根町で全国の観測史上1位の日降水量

 神奈川県箱根町では、12日の日降水量が、10月の平年の降水量の約3倍にあたる、922.5ミリに達し、これまでの全国の観測史上1位であった高知県魚梁瀬の851.5ミリを大幅に上回りました。

●東京23区など初の大雨特別警報

台風19号@大雨特別警報発令

●複数の河川で氾濫発生

台風19号 河川氾濫が多発

 関東地方や東北地方では長い時間にわたって激しい雨が降り続いたため、多くの河川で水位が上がって氾濫危険水位に達し、多摩川や千曲川、阿武隈川など大きな河川を含め氾濫が発生しました。東京では初めてです。


2.東京都心でも猛烈な風

 東京都心では12日午後9時14分に最大瞬間風速41.5メートルを観測し、歴代2位の値を更新しました。


※さらに、台風が通り過ぎた13日以降、天気が回復しても警戒必要です!
 台風19号の被災地では、少量の雨でも、土砂災害に要注意です。

【土砂災害危険度】

 総雨量は多い所でも50mmに満たないものの、局地的には1時間に10mm以上のやや強い雨が降る見込みです。普段なら被害が出ないような雨でも、地盤の緩んだ斜面が新たに崩れることが考えられます。
台風19号による雨が多かった地域は急な斜面など崩れやすい所に近づかないよう、ご注意ください。



参考:日本気象協会-tenki.jp、ウェザーニュースより



【最新被害状況】

●台風19号の影響で、14日までに全国で少なくともおよそ8000棟の住宅が水につかり、800棟以上の住宅が全半壊や一部損壊の被害を受けました。

2019年10月14日 NHKニュースより

●住宅の浸水被害 4万5000棟以上に。

2019年10月18日 NHKニュースより

●今回の災害で亡くなった人は79人、不明11人、けが396人となり、堤防の決壊は71河川の130カ所にのぼっています。

2019年10月19日 NHKニュースより

スポンサーサイト



今季最強!?台風19号情報

台風19号情報tenki.jpより20191010

台風19号はあまり勢力を落とさず、12日(土)午後に「大型で非常に強い」勢力で東海や関東に上陸する恐れがあります。中心の気圧は920ヘクトパスカル。

首都圏だけでなく、四国から東北にかけて広く猛烈な風や非常に激しい雨の降る恐れがあります。
注意)「猛烈な」というのは最大風速54m/s以上。

全国的に暴風や大雨、大しけや猛烈なしけとなる可能性もありますので、最新の台風情報や防災情報、また、交通情報にも注意してください。

参考:tenki.jpより


【最新の台風や鉄道運航情報】
台風19号の進路予想など
 ⇒「ヤフー天気・災害


大阪市内でもサルが目撃?

大阪府下では9月中旬からサルの目撃情報が相次いでいて、9月16日と17日に阪南市で目撃されて以降、北へ北へと移り23日は大阪市住吉区と阿倍野区で目撃されていました。

大阪市内でサルが出没するなんて珍しいですけど、早く捕まって欲しいものです。

今日25日の昼前に西区でもパトカー数台の音が騒がしく、警戒を呼びかけるのが聞こえたので、何事かと思うほどでした。本当に驚きです。

 【9月の大阪府内でのサル目撃情報】
 16日:阪南市
 17日:阪南市
 18日:泉佐野市
 19日:貝塚市
 22日:堺市、高石市
 23日:大阪市住吉区、大阪市阿倍野区
 24日:大阪市阿倍野区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区

これらが同じサルかどうかは不明ですが、日本モンキーセンターによりますと、野生のサルの場合、今が繁殖期にあたり、オスがメスを求めて山から出てきた可能性があるということです。

コンパクトなのに強い!?台風15号について

台風15号は暴風域を伴って、8日(日)夜から9日(月)未明にかけて関東付近を通過していく見通しです。

関東各地では暴風が予想されており、台風の進路方向の東側を中心に暴風が吹き荒れて、停電が起こる可能性があります。一部では50m/sを超える記録的な暴風となるおそれがあります。

千葉県や茨城県など関東の沿岸部の広範囲、東京23区、神奈川の沿岸、伊豆半島ではところどころで停電の発生に警戒が必要です。
また、沿岸ほどの暴風にはならないものの、東京都や神奈川県の大部分、茨城県の内陸や埼玉県、千葉県の内陸部でも、一部で 停電が発生する可能性があるとみています。


参考:ウェザーニューズより



【追記】

台風15号の接近に伴って、警戒レベル4にあたる「 避難勧告」が、神奈川県、静岡県、東京都の合わせて4万世帯余り、10万人余りに出されています。


今回の台風15号は、まだ大丈夫だと思っていても、午後9時以降から突然 風が強まって雨も激しいようなので、皆様、お気をつけて下さいませ。
関東の方たちは、明日は始発から電車が止まるなど大変でしょうけど、新しい情報を天気予報で確認してくださいね。



【最新の台風や鉄道運航情報】

台風15号の進路予想など
 ⇒「ヤフー天気・災害

台風から離れた所で40℃超えの高温?

今日(15日)、午後0時30分までに台風から離れた新潟県三条市で40.0℃を観測しました。新潟県内では、昨日(14日)も上越市の高田で40.3℃を観測していて、県内では2日連続で40℃以上の気温となりました。このほか、北陸や東北の日本海側では広く35℃以上の猛暑日となっています。

台風が南から亜熱帯の空気を引き連れてきて気温のベースが上がっていたところに、風が山地を越えて吹き下りる際に高温となるフェーン現象が加わったためです。

北陸や東北の日本海側の地域では、熱中症に厳重に警戒が必要です。


参照:日本気象協会-tenki.jpより

熱中症に気をつけて下さい!



【最新の台風や鉄道運航情報】
台風10号の進路予想など
 ⇒「ヤフー天気・災害

台風10号に関する最新情報(8/14)

台風10号20190814tenki.jpより

【台風の進路】あす15日 四国付近に上陸か

8/14 21時の時点では、台風10号は、20km/hの速度で北上しています。
あす15日には、大型の台風10号は、ゆっくりと四国付近に上陸し、西日本を縦断するおそれがあります。その後、15日夜には日本海に達し、温帯低気圧に変わって、北日本に接近すると予想されます。


台風10号に警戒が必要な時間帯20190814ヤフー天気より

紀伊半島の南東斜面では降り始めからの雨量が300ミリを超えている所があります。また、14日夕方には南部の全域と中部の一部が強風域に入りました。南部と中部では、16日にかけて大雨による土砂災害や浸水害に厳重な警戒が必要です。南部の沿岸部では高波にも厳重に警戒してください。また、全域で河川の増水や暴風に、沿岸部では高潮にも警戒が必要です。


参照:日本気象協会-tenki.jpより



【最新の台風や鉄道運航情報】
台風10号の進路予想など
 ⇒「ヤフー天気・災害


台風10号に関する情報(8/12追記あり)

台風10号2019.8.11tenki.jpより

概況
大型の台風第10号は、12日9時現在、父島の西南西約500kmにあって、北西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。この台風は、13日9時には日本の南に達し、15日9時には西日本に達するでしょう。台風はその後、温帯低気圧に変わり、17日9時には日本海に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。



台風10号は、自転車並みの速度でほとんど停滞していたのがようやく動き出しました。

今回の台風10号の特長を表す言葉として、「ゆっくり」、「大型」、「強い勢力」という悪いパターンの三拍子が揃っていますので、台風の中心から離れているところでも風や雨などによる影響が長引く恐れがあります。

15日ごろには、再び強い勢力となって西日本に接近・上陸する恐れがあり、その進路に注意が必要です。すでに、南西諸島、九州から関東の太平洋沿岸では台風の影響で波が高くなっていますが、台風が近づくにつれて風が強まるとともに、波がさらに高くなる見込みです。

ちょうど、Uターンラッシュにあたる時期と重なるため、その影響が懸念されます。最新の交通情報をご覧ください。


【追記】
台風10号は、「超大型」になりました!


台風10号は、きょう12日午後3時現在、小笠原諸島の父島から西南西に離れた海上にあり、北西へ進んでいます。大きさは「超大型」。風速15m/s以上の強風域の範囲が広く、北海道から九州までが収まってしまうほどです。今後、進路を少しずつ北よりに変えるでしょう。


参照:日本気象協会-tenki.jpより



【最新の台風や鉄道運航情報】
台風10号の進路予想など
 ⇒「ヤフー天気・災害

早くも台風が3つも!?

トリプル台風20190806@tenki.jp

きょう明け方、九州に上陸した台風8号は午後3時現在、長崎県壱岐市付近を北上し、九州からは離れつつあります。

一方で、日本の南には台風9号と午後3時に発生した大型の台風10号が存在していて、徐々に北上する傾向です。

今週末から来週前半にかけて日本列島に影響が出る可能性もありますので、これらの動向には注意が必要です。

参照:tenki.jpより



今年は梅雨が明けてやっと夏になったと思ったのに、台風が何個も来るのですね(ノω`゚)゚・。

せっかく盆休みが近いのに、台風ばかり困りますね。気象情報には、常にチェックしておきましょう!

マジで恐い!携帯型充電器の破損注意!

 帰省や旅行などで携帯型充電器の利用頻度が増える夏休みシーズンを迎え、消費者庁はリチウムを使った充電器の破損事故に注意を呼び掛けている。2月から電気用品安全法の規制で「PSEマーク」のない携帯型充電器は販売できなくなったが、規制前の製品を使用している人は多く、破損による出火などの事故が後を絶たないという。

 消費者庁は、製品がリコール対象となっていないことの確認PSEマーク業界団体が認証する「MCPCマーク」の有無を購入時に調べるよう求めている。

参照:時事通信社より



要チェック!

スマートフォン、特にiPhoneを外出先で、ポケットにいれたままやカバンにいれたままの状態で携帯型の簡易充電器で充電している際に、ヤケドや電池の爆発が起こるケースが増えたという、このようなニュースをよく見かけるようになったので、本当に注意したいですね。

ですので、この記事は要チェック!ですよ(^_^)v

充電中は、スマホの温度が40℃以上も熱くなるので、この状態でスマホを操作するのは特に危険ですね。

ローソン「フローズンパーティーマンゴー」が美味しそう!

ローソン フローズンパーティー(マンゴー、バナナ)

⇒写真は、LINEニュースからの📷スクショです。

ローソンのマチカフェブランドからの新商品『フローズンパーティー』なのですが、これが、本当においしそうで、夏にぴったりの一杯の飲物って感じですよね(*´∀`人 ♪。

コンセプトは、『飲む、食べる、自由自在、具材をそのまま楽しむ』だそうです♪

普通に、この写真だけでも『美味しそう』なのが伝わりますが、極めつけは、LINEニュースにあった、ローソン『フローズンパーティーマンゴー』の宣伝動画です。マンゴーの果肉がドアップに映されているので、本当にもう、すぐにでも食べたくなりました(笑)

みなさんも、ご覧くださいね❤


↓↓↓
「ローソン フローズンパーティーマンゴー」
LINEニュース タイムラインシェアより