FC2ブログ

カテゴリ一覧

最新記事

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について歴史的に残したいニュース【保存版】

《国際ニュース》

2020年
1月31日:
世界保健機関(WHO)は、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎における「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。中国以外にも感染が広がり始めた事態を重くみて、感染拡大防止には国際的な協力態勢が必要と判断した。

WHO緊急事態宣言した例

表:日本経済新聞より


2月11日 新型コロナウイルス感染症の正式名称の決定
 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症を「COVID-19」と名付けたと発表した。「コロナ(Corona)ウイルス(Virus)病(Disease)」の英語表記を略した「COVID(コビッド)」と、感染が報告された2019年を組み合わせて命名された。


3月12日:世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスは「パンデミック(世界的流行)と見なせる」と表明した。WHOがパンデミックの呼称を使うのは、2009年の新型インフルエンザ以来11年ぶり。


2021年
1月14日:世界保健機関(WHO)は、英国で最初に見つかった『新型コロナウイルスの変異株』は現在50の国と地域に広がっており、南アフリカで発見された変異株は20の国と地域で確認されているという。さらに、日本やブラジルで確認された、ブラジル(アマゾナス州)由来の変異株は、アメリカやイギリス、イタリアなど8つの国や地域で確認されている。
5月12日:世界保健機関(WHO)によると、インドで感染急増をもたらしている変異株はこれまでに44カ国で見つかっている。




《国内ニュース》

2020年
2月1日:
政府は、新型コロナウイルスによる肺炎などの病気を感染症法の「指定感染症(※現段階では、二類感染症に準じた対応)」と検疫法上の「検疫感染症」とするための政令を施行した。


4月7日:安倍晋三首相は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づき、『緊急事態宣言』の発令を発表した。


・不要不急における外出の自粛要請(※ただし、海外で見られるような都市封鎖(ロックダウン)は行わない。)や施設の使用制限等
・全世帯に対し、1世帯につき布マスク2枚配布
・全国民に対し、1人につき一律10万円を給付【特別定額給付金


5月25日:緊急事態の解除

 
『新型コロナウイルス対策を議論する政府の専門家会議の提言より』

「三つの密(密集・密接・密閉)」の回避や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策の継続など。
 「新しい生活様式」の実践例
 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント【厚生労働省HP】



8月28日:「新型コロナウイルス感染症に関する今後の取組」について【内閣官房HP】


2021年
8月:まん延防止等重点措置』を実施する。
 ⇒北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県は、8月31日まで。

8月:緊急事態宣言』を実施する。
 ⇒沖縄県、東京、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府は、8月31日まで。




【検査・治療薬・ワクチンについて】

【検査】

2020年
・3月6日:
PCR検査」に医療保険を適用することとしました。
・5月13日:我が国初の新型コロナウイルス抗原検査キットとして、富士レビオ社の抗原検査キット「エスプラインSARS-CoV-2」が承認されました。
・6月2日:症状発症から9日以内の者については「唾液PCR検査」を可能とすることとしました。
・7月17日:無症状の方(空港検疫の対象者、濃厚接触者等)に対し、唾液を用いたPCR検査および抗原検査を活用できることとしました。


【治療薬】

2020年
・5月7日:
レムデシビル」(販売名:ベクルリー点滴静注液100mg等)が特例承認されました。
 →RNAポリメラーゼ阻害薬であり、エボラ出血熱の治療薬として開発された。10月22日に米国で承認。

・7月21日:新型コロナウイルス感染症の診療の手引を改定し、「デキサメタゾン」(販売名:デカドロン錠4mg等)を二つ目の治療薬と位置づけ、追加掲載した。
 →重症感染症や間質性肺炎などの薬として国内で承認を取得している、ステロイド薬。

・11月27日:ヘパリン
 →「新型コロナウイルス感染症の診療の手引」に、血栓のリスクがある場合、低分子量ヘパリンを含むなどによる抗凝固療法を実施することが推奨される旨記載済み。

2021年
・4月23日:
バリシチニブ」(販売名:オルミエント錠4mg等)
 →ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬。SARS-CoV-2による肺炎(ただし、酸素吸入を要する患者に限る)を効能・効果に追加した。

・7月19日:カシリビマブ(遺伝子組換え)・イムデビマブ(遺伝子組換え)」(販売名:ロナプリーブ点滴静注セット300等)が特例承認された。
 →抗SARS-CoV-2モノクローナル抗体。


【ワクチン】

★接種を行う期間は、令和3年2月17日から令和4年2月末までの予定です。
★新型コロナワクチンの接種対象は、以下の通りです。
 ・ファイザー社のワクチン:接種する日に12歳以上の方 
 ・武田/モデルナ社のワクチン:接種する日に18歳以上の方
★接種を受けた後に副反応が起きた場合の『予防接種健康被害救済制度』
 ⇒予防接種健康被害救済制度について【厚生労働省HP】



参考:
感染拡大防止と医療提供体制の整備【厚生労働省HP】
新型コロナワクチンの接種についてのお知らせ【厚生労働省HP】
新型コロナワクチンについて【首相官邸HP】




リンク集:
首相官邸のホームページ新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省のホームページ)新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房のホームページ)
●ブログ記事:買い占めや高額転売を辞めて(怒)!

スポンサーサイト



モバゲー水槽「トロピカルな夏イベント」

みゆ☆はいつも、モバゲー by DeNA「アクアスクエア」というゲームで、水槽をかわいく飾っていろいろな魚に癒やされています。

今年の夏イベントは、もちもちパンダというキャラクターがトロピカルビーチで海を満喫している様子の水槽の中に、「いかにも夏らしい?」かき氷が泳いでいます。このイチゴ、オレンジ、ブルーハワイの三種類の味のかき氷の顔がまた、かわいくて、たまりません!(〃▽〃)

さらに、ニューレインボーグッピーという虹色の尾びれをしたグッピーの一種の魚も、なんともこの水槽の背景に合っていて、とても素敵な夏らしい水槽に仕上がりました♪

モバゲー水槽「トロピカルな水槽」かき氷、虹色のグッピー

たまには、休みの日に、こういったかわいい魚を育てたり、イベントに参加して、水槽の背景を着せ替えたりしてみるのも楽しいもんですよ(^^)/~~~